書道の美術館

賞の選考基準

ホーム
上へ
募集要項
賞の選考基準
39回展成績
39回上位入賞作品
38回展成績
38回上位入賞作品
37回展成績
37回上位入賞作品
36回展成績
36回上位入賞作品
35回展成績
35回上位入賞作品
34回展成績
34回上位入賞作品
33回展成績
33回上位入賞作品
32回展成績
32回上位入賞作品
31回展成績
31回上位入賞作品
30回展成績
30回上位入賞作品
29回展成績
29回上位入賞作品
28回展成績
28回上位入賞作品
27回展成績
27回上位入賞作品
過去の成績
過去の入賞作品
中道書法展のあゆみ
晴嵐没後30年回顧展
青山楓谷50年記念展
22回展会場風景

中道書法展の賞の選考について

 適切な選考を通じて優れた作品・人物を顕彰する事を趣旨とする

  • 公益の観点から、公平性・公正性を宗とする。

・・・利害関係による判断の排除

  • 審査員は、審査に影響するような私語は慎む。

  • 入賞率は次のとおり。(賞の選考基準)

公募・会友=50% 委嘱・評議員=15%


審査の観点

審査員は、書道の専門家として作品本位で審査に当たる。次の観点により的確に判断する。

1.  線質・用筆

2.  用墨

3.  構成・余白

4.  誤字・脱字

5.  落款(押印も含む)

公益財団法人 晴 嵐 館