書道の美術館

硬筆中道

ホーム
上へ
書芸中道
中道
硬筆中道
合本のお知らせ

平成25年6月号から「硬筆中道」は「書芸中道」・「中道」に合本となりました

学生部硬筆

規定課題のほか子供広場

年2回検定試験実施

段級位認定証授与

一般部(高校生以上)硬筆

漢字 かな 書翰文

年2回検定試験実施

段級位および師範位認定証授与


硬筆中道のあゆみ

年号

西暦

事 項

昭和44年

1969

1月10日 「中道ペンの友」 第1号創刊(中道ペンクラブ発行) 事務局は柏皓峰氏宅 創刊手本は山本宏城、柏皓峰、山際一歩、村上尚恵、課題の選文は長谷川牧風の各氏による 10級から五段までの段級制、小学3年から4年に移るときおよび中学3年から一般部へ移るときは新しい級に移行

   

長谷川牧風氏「小学校低学年書写の重点的指導内容について」掲載(第1、2号)

   

山本宏城氏「変体がな一覧表」掲載(第2、3号)

   

山本宏城氏「かな連綿の要領」掲載(第5号)

   

7月 第1回昇級試験実施

   

山本宏城氏「ひらがなの基本運筆」掲載(第7号)

昭和45年

1970

3月15日 「書芸中道」第1号創刊(中道書会発行 一般部専門の競書誌として中道から分離)

   

「中道」・「書芸中道」ともに段級位制度となる

昭和46年

1971

8月25日 財団法人晴嵐館設立(愛知県教育委員会より認可)

   

826日 設立登記 初代理事長大池一良(晴嵐)就任

   

11月3日 晴嵐館(本館)竣工(開館)

   

1114日 開館記念式

昭和48年

1973

3月15日 「硬筆中道」第1号創刊(「ペンの友」より継承)編集発行人山際一歩氏 巻頭言「創刊のことば」(大池晴嵐理事長) 創刊を祝して巻頭作品(山本宏城氏) 創刊手本は一般部、山本宏城、学生部は、山際一歩、舟木泰風、村上尚宦A前田疎石の各氏

   

第2号巻頭言(松島元 平成元年4月号まで)

   

9月号 添削規定掲載(添削担当者、山本宏城、前田疎石、山際一歩、舟木泰風、丹羽松年、村上尚宦A羽根田京世、荒川青曠の各氏)

昭和49年

1974

 

昭和50年

1975

1月5日 師範証授与式並びに第1回新年会(丸栄カーネーションセンター)

   

7月20日 師範会(毛筆)発足

   

1128日 大池晴嵐喜寿祝賀会(東海書道芸術院と共催 名古屋国際ホテル)

昭和51年

1976

1月11日 師範証授与式並びに第2回新年会(丸栄カーネーションセンター)

   

11月 研修施設「錬心講堂」竣工(分館)

   

12月号 編集発行人 大池一良理事長

昭和52年

1977

2月11日 「錬心講堂」 落成開館式開催

   

4月17日 硬筆中道錬成会開催

   

9月29日 初代理事長大池一良死去(第2代理事長大池あや就任)

   

1023日 晴嵐本葬(名古屋東別院)

昭和53年

1978

3月号 編集発行人 大池あや

昭和54年

1979

4月2122日 硬筆中道第1回師範錬成会(京都堀川会館 23名出席 京都国立博物館等見学)

昭和55年

1980

3月号 編集発行人 大池茂樹

   

4月1213日 硬筆第2回師範会(京都堀川会館で研修 京都御所、銀閣寺見学 22名参加)

   

4月29日 硬筆第2回錬成会

昭和56年

1981

4月1112日 硬筆第3回師範会(京都堀川会館 22名参加)

   

4月29日 硬筆第3回錬成会

昭和57年

1982

4月1011日 第4回硬筆師範会(京都松ケ崎会館)

   

4月29日 第4回硬筆錬成会

昭和58年

1983

4月2324日 第5回硬筆師範会(京都松ケ崎会館)

   

4月29日 第5回硬筆錬成会

   

111118日 大池晴嵐遺墨展を愛知県美術館において開催(38点展示)

   

大池晴嵐遺墨集刊行

昭和59年

1984

2月11日 毛筆師範証授与式(師範会)

   

4月7〜8日 第6回硬筆師範会(京都御車会館)

   

4月22日 第6回硬筆錬成会

昭和60年

1985

4月6〜7日 第7回硬筆師範会(京都御車会館)

   

4月13日 錬心講堂火災

   

4月29日 第7回硬筆錬成会

   

1014日 師範研修旅行(岐阜 日比野五鳳記念館)

昭和61年

1986

1月号 一般部出品規定改正 2級以上課題はA用紙、実用文は新設のC用紙を使用へ変更

   

4月1920日 第8回硬筆師範会(京都御車会館)

   

4月27日 第8回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

昭和62年

1987

4月1112日 第9回硬筆師範会(京都御車会館)

   

4月29日 第9回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

昭和63年

1988

1月9〜10日 晴嵐館総合作品展(江南市民文化会館)

   

4月9〜10日 第10回硬筆師範会(京都御車会館)

   

4月29日 第10回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

   

8月6〜12日 第2次晴嵐館友好訪中(西安・洛陽・鄭州・上海)

   

12月号 実用文課題を古筆臨書とする(平成3年4月号まで)

平成元年

1989

1月号 一般部手本写真のアミカケなしとする

   

3月号 学生部 子供広場課題始める

   

4月号 カラー印刷導入

   

5月号 巻頭言を山本宏城氏執筆(平成5年9月号まで)

   

4月1516日 第11回硬筆師範会(京都御車会館 京都国立博物館 鉄斎美術館)

   

4月23日 第11回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

平成2年

1990

3月3〜4日 第12回硬筆師範会(京都御車会館 大阪天満橋松坂屋−昭和の書100選)

   

4月22日 第12回硬筆錬成会

平成3年

1991

4月1314日 第13回硬筆師範会(京都御車会館 奈良法隆寺)

   

5月号 実用文課題を「書翰文」に変更(平成14年9月号まで)

   

5月5日 第13回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

   

春季一般部師範試験に書歴課題導入

平成4年

1992

4月1112日 第14回硬筆師範会(京都御車会館 奈良橿原神宮 秋篠寺)

   

4月29日 第14回硬筆錬成会

   

5月17日 晴嵐館創立20周年記念式典を挙行(名古屋駅前 百楽)

平成5年

1993

4月3〜4日 第15回硬筆師範会(京都御車会館、長谷寺、有隣館)

   

4月29日 第15回硬筆錬成会、硬筆師範証授与式

   

9月2日 山本宏城氏ご逝去

   

10月号 巻頭言を尾関陶山氏執筆

平成6年

1994

4月29日 第16回硬筆錬成会、硬筆師範証授与式

平成7年

1995

4月1516日 第17回硬筆師範会(長野県飯田、天竜ライン下りほか)

   

4月29日 第17回硬筆錬成会、硬筆師範証授与式

   

7月号 師範課題導入

平成8年

1996

1月号から一般部出品シール導入

   

4月29日 第18回硬筆錬成会、硬筆師範証授与式

   

6月2日 第18回硬筆師範会(三重県湯の山、澄懐堂美術館)

平成9年

1997

4月1213日 第19回硬筆師範会(京都御車会館、銀閣寺 奈良 墨運堂、若草山)

   

4月29日 第19回硬筆錬成会、硬筆師範証授与式

平成10年

1998

4月1213日 硬筆研修会(長野、善光寺、驥山館、天来記念館、松本城)

   

4月29日 第20回硬筆錬成会 硬筆師範証授与式

平成11年

1999

4月18日 硬筆研修会(滋賀、佐川美術館、黒壁ガラス館)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成12年

2000

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

6月1112日 師範研修会(熱海、MOA美術館)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成13年

2001

2月12日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

4月15日 師範研修旅行(岐阜県大垣 奥の細道むすびの地記念館)

   

4月1722日 第26回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー 76点出品 招待2点)

   

9月24日 毛筆・硬筆錬成会

平成14年

2002

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

4月2〜7日 第27回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 86点出品 招待2点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

   

10月号 書翰文課題を「文学の広場」に変更(吾輩は猫である 平成15年9月号まで)

平成15年

2003

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

4月2021日 師範研修旅行(静岡県 寸又峽温泉)

   

4月8〜13日 第28回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー 99点出品 招待2点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

   

10月号 文学の広場(たけくらべ 平成16年9月号まで)

平成16年

2004

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月1318日 第29回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 102点出品 招待2点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

   

10月号 文学の広場(富嶽百景 平成17年4月号まで)

平成17年

2005

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

5月号 文学の広場(杜子春 12月号まで)

   

5月1516日 師範研修旅行(淡路島)

   

7月1217日 第30回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 104点出品 招待2点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成18年

2006

1月号 文学の広場(徒然草 平成20年12月号まで)

   

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月1116日 第31回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 98点出品 委員9点 招待1点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成19年

2007

2月12日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月1015日 第32回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 97点出品 委員10点 招待1点)

   

9月24日 毛筆・硬筆錬成会

平成20年

2008

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月1520日 第33回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 97点出品 委員10点 招待1点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成21年

2009

1月号 書翰文課題を「季節の手紙」に変更

   

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月7〜12日 第34回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 97点出品 委員10点 招待1点)

   

9月22日 毛筆・硬筆錬成会

平成22年

2010

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月6〜11日 第35回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 師範101点 委員10点 招待1点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成23年

2011

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

7月1217日 第36回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 師範101点 委員11点 招待1点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成24年

2012

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(江南市民文化会館)

   

3月21日 公益財団法人に認定

   

4月1日 公益財団法人晴嵐館 設立登記 (財団法人晴嵐館は解散) 代表理事大池茂樹就任

   

7月1015日 第37回晴嵐館師範選抜書展(名古屋市民ギャラリー栄 師範97点 委員12点 招待1点)

   

9月23日 毛筆・硬筆錬成会

平成25年

2013

2月11日 毛筆・硬筆師範証授与式(晴嵐館錬心講堂)

    5月25日 中道・書芸中道に合本

出品規定等

◆競書出品規定

1、競書作品は本誌課題とします。

2、支部、支会、支局からの出品は所属印を押して頂けばよろしい。

3、締切は毎月20日必着のこと、締切後到着分は雑誌に掲載いたしません。

4、出品は本誌購読誌友になれば、どなたでも出品できます。

5、新しく出品する人は「新」、2回目で級の未定の方は「2回」と書いて下さい。

6、用紙は必ず規定寸法で出して下さい。本会規定用紙又はこれに準じて自制してもよろしい。

7、本会規定用紙は

A用紙…一般2級以上と子供広場に使用

A用紙かな…一般2級以上かなに使用

B用紙…学生部と一般3級以下に使用

C用紙…一般部 の書翰文と書歴に使用

規定用紙ご希望の方は、晴嵐館へご連絡下さい。

8、幼年から小2までは2B程度の鉛筆を使用。小3・小4はボールペン書き、小5以上はペン書きとし、墨汁又は黒インキ使用のこと。

、一般部の3級以下はボールペン書きで出品のこと。

10、中3で会友、特待生は一般部に出品してもよろしい。

11、中3より一般部にうつる時は新しい級になります。

12、低学年の氏名には必ず漢字で添書きのこと。

 

◆作品の評価

1、段、級制とし、八段より10級までで落級することはありません。

2、年2回(春・秋)昇段昇級検定試験を行い、段級を認定する。

 

 

認定証

学生部

一般部


硬筆規定用紙

26年4月1日ご注文分より8%の消費税を加算させていただきます。

種 類

金 額

備 考

A用紙
(一般2級以上・子供広場用)
4000円+税 1〆=1000
A用紙かな
(一般かな2級以上用)
4000円+税 1〆=1000
B用紙
(学生部・一般3級以下用)
4000円+税 1〆=2000
C用紙
(一般書翰文・書歴用)
4000円+税 1〆=1000
  • 1〆以上で注文して下さい。

  • 代金は10日以内にお支払下さい。

  • 送料は着払いとなります。

公益財団法人 晴 嵐 館